CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
時計
世界時計 FXFX
チャート
リアルタイムレート


MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

無力のメモ帳

毎日のトレード記録&予想等
<< 来週の予想というか考え | main | エリオット >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    昔の・・
    0
       rui先生 から半年前くらい前にアドバイスしていただいたエリオットのメモを転用させていただきます。。


      <<カウントをするにあたって、完全に横軸(時間)は無視したほうがカウントしやすいです。
      値幅と位置だけ見て下さい。

      まず、最初の1波が全ての基本になります。
      1波の値幅を1とすると、1波と3波と5波は1 : 1.618 : 1になる事が多いです。
      3波が1波より短くなる事はありません。
      1波と3波が同じ長さはあり得ます。その場合、5波が一番長くなるようです。
      長さの倍率は、1, 1.3, 1.6, 2, 2.3, 2.6が目安になります。
      1波の始点を2波の終点が超えた場合、それは1波ではありません。
      4波の終点が1波の終点を超えた場合、カウントの仕方が間違っています。
      2波がシンプルなカタチの場合、4波が複雑なカタチになり、逆に2波が複雑であれば、4波は単純なカタチになります。
      1波がシンプルで、3波か5波のどちらか長い方がゴチャゴチャで複雑なカタチになりやすいです。
      3波の終点ではダブルトップやヘッド&ショルダーを作る事が多いです。その場合、セオリーどおりの値幅が動くので4波の終点を見つけやすいです。
      1ー5波全体の長さは1波の261.8%等、フィボナッチ分の長さになる事が多いです。
      A波とC波が同じ長さになりやすいです。
      B波が複雑なカタチになりやすいです。
      全体を通して、それぞれの波の長さ、節目がフィボナッチがにビシビシと一致します。

      これらの事を頭に入れて、上のチャートを見ると、カウント出来るようになりましたか?

      あとは慣れです。

      とにかく色々な通貨ペアで、いろんな時間足チャートでカウントしてみて下さい。

      おおー!!ってなると思いますよ>>

      すごいいい記事だったので残しておきます
      | 相場技術 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:39 | - | - | - | - |









        http://freegod.jugem.jp/trackback/7